Rock Mite 40の製作


Rock-Miteは米国のキットハウスであるSmall Wander Laboratorys(SWL)のトランシーバー組み立てキットで、40mバンド用(オリジナルは7.040MHz。略してRM40)と20mバンド用(14.060MHz)があります。送信部は水晶発振の2ステージで0.5W、受信部は水晶固定のダイレクトコンバージョンですが、アンテナ入力に水晶フィルタが入っているため、選択度も悪くありません。初心者にも簡単に組み立てられて失敗のほとんどないキットです。また、性能もそこそこよく、発売食後からJG1RVN加藤さんやJL1KRA中島さんがQRPプラザなどで宣伝しておられました。その後、JG1RVN加藤さんとJH1FCZ大久保さんのおかげで、RM40用の7.003MHz水晶が共同購入されました。私もこの水晶を入手できたことから、7003kHz用のRM40を作ってみました。

組み立ては簡単です。キットに附属の2枚ものの説明書(当然英語ですが)を見ただけでもすぐ組み立てることが出来ます。しかし、SWLのホームページからダウンロードできるSupplement to Rock-Mite Instructionsも必ず読んだ方がいいと思います。組み立てる上でのヒントと、ちょっとした改造のポイントが紹介されています。私が製作で注意した点と施した改造などは以下の通りです。

  1. U1(SA612/602AD)は最初に取り付ける。このICは表面実装タイプの上、足も細いので、周りにパーツを取り付けた後ではハンダ付けが容易ではありません。最初に取り付けないと大変です。
  2. C111には背の低いもの(16V耐圧のもの)を取り付ける。47uFの電解コンデンサは3個あるのですが、2個は25Vで1個だけが16Vです。C111には16Vものを使うのですが、これは、25Vものと比べると背が低いのです。見落としやすいかしょですので注意しましょう。
  3. Q6(2N2222A)には、基板に取り付ける前に放熱板を取り付けておくこと。終段のQ6には黒い帽子型の放熱版が用意されています。取り付けは結構硬いので、基板に石をハンダ付けした後で放熱版を取り付けようとしても簡単には入りません。下手をすると足をへし折ってしまうかも知れません。気を付けておきましょう。
  4. 基板上のV+接続用ポイントには、電源を逆接続した場合でも半導体を壊さないよう、逆流防止ダイオードを取り付けました。なるべく内部電圧降下の少ないダイオードがいいと思いましたので、JH7VNR大木戸さんからいただいた、40V 0.6Aのショットキーバリア整流用ダイオードを使いました。ダイオードのカソード側を基板に差し込んでハンダ付けし、空中に浮いたアノード側のリード線に、電源からの線をハンダ付けしてあります。実装上、これが一番コンパクトで簡単な方法でしょう。
  5. RM40の使用電圧は9から12Vですが、006P(9V)での運用が多くなると思いましたので、R8はオリジナルの1kΩから470Ωに変更しました。
  6. サイドトーンの音量が大きすぎるとの話がQRPプラザでありましたので、結合用のCがオリジナルでは104であったのを103にしました。音量的にはちょうどいい感じです。

次に、オリジナルの7040から7003への変更です。これらの改造は、JG1RVN加藤さんが実験して決められたものです。

  1. 7040kHz水晶の代わりに7003kHz水晶を取り付ける。なお、7003水晶が入手できない場合の対応策として、千石地下やサトー電気の通販で手に入る7000kHz水晶の利用があります。JA0VTK/7遠山さんは、受信トップのフィルタ用水晶としてこの7000kHz水晶を利用されましたが、全く問題なく動作しているとのことです。発振用水晶については、まだ7000kHz水晶でトライした例はないようですが、やってみる価値はあるかも知れませんね。
  2. D5のZDを、オリジナルの7.5Vから6.3Vに変更する。これは、サイドトーンを800Hzくらいに調整するためです。そうでないと1kHzのビート音となり、音が高すぎますから。なお、この改造を行ったことにより、運用周波数は7002.2kHzと7003.0kHzになります。
  3. C11の固定コンデンサ68pFを50pFのトリマに変更する。これは、発振周波数の微調整用です。このトリマを入れたことにより、7003kHzドンピシャに調整することができるようになります。


基板を組み立てたところ。左手前に見えるオレンジ色のトリマは、C11を置き換えたもの。これで、7003kHzドンピシャに調整できる。

ピンク色のワイヤーの右側に、逆接続防止用に基板に立てたショットキーダイオードのアノード側のリード線が見える。




タカチのYM-100に組み込んだところ。電源SWはつけなかったので、外部電源の抜き差しでオンオフする。電源用ジャックはFT-817と同じ、極性統一2号にしてあるので、電源類は共用できる。


極性統一2号のプラグをつけた006P。
移動運用時は、これを抜き差ししてオンオフする。
9Vの場合、0.3W弱程度の出力となる。


自宅で試験運用中の様子。右手前に見える白っぽいプラケースは、FCZパッシブフィルタ(#163B)+NJM386S自作アンプ(小型スピーカー内蔵)。なお、NJM386Sというデバイスについては、使うに当たって色々とエピソードがあったのですが、詳しくは、自作プラーザ過去ログをご覧下さい。

さて、RM40ですが、思いの外感度は良く、また、アンテナトップに入れた水晶のフィルタ効果で、果てしなく離れた周波数の信号がQRMになることもないのでなかなか快適です。しかし、やや高音のノイズが気になりますので、隣接周波数のQRM対策も兼ねて、パッシブフィルタを使う場合が多いですね。

おもちゃのようなトランシーバーですが、思いの外沢山交信でき、交信するのが楽しいリグです。


トップページに戻る